東京都内のベーゴマ活動を気ままにご紹介。

 

もっと見る

 

​東京ベーゴマ

東京都内で行われているベーゴマのイベントなどありましたらぜひご連絡ください。

参加させていただき、そのもようを「東京ベーゴマ」でご紹介させていただきます。

川口ベーゴマクラブ会員限定大会

2018/03/26

ベーゴマを始めて1年半。いよいよベーゴマの聖地?川口に足を踏み入る日がやってきた!

川口はベーゴマを作っている日三鋳造所があり、おそらく日本で一番ベーゴマが盛んな街。全国大会も行われています。

3/25(日)は1日かけて会員限定大会が行われると聞き、息子と参加。

会員限定ですが当日会員になることもできます。

年会費 大人:1300円 中高生:800 円 子供(小学生まで):500円

この年会費だけで多くの特典が!(特典内容はまた今度)

 

80名前後の参加者

受付が9時半からだったので、9時45分ぐらいに会場に入ったのですが、もうすでに参加者のほとんどがベーゴマの加工をしている最中でした。

その人数およそ80人(多分)!みんな黙々と受付で受け取った大会用のベーゴマを職人のように削っている様子は異様な感じです。

 

加工用の道具や机も自由に貸し出ししていましたが、多くの人がマイ加工道具を持参していて、加工の仕方も様々。

万力を使ってベーゴマを固定する人、数種類の鉄ヤスリを巧みに使い分けて削る人、中には紙ヤスリを使ってベーゴマにツヤをつけている人、彩色を綺麗に施す人、様々なこだわりを持ってベーゴマに想いを込めていきます。

 

ノーマル25回戦

大会は3つの試合が行われます。まずは「25回戦」

大会側が用意してくれたノーマルベーゴマを使って4人同時入れで力勝負あり、これをランダムのメンバーで25回戦い、勝ち点を競い合います。

審判は特に決まっていなく、みんなが協力し合ってめまぐるしいスピードで試合を行っていきます。

ノーマルコマの勝負は運が占める割合が多いと言われますが、ノーマルにはノーマルの戦い方がある!

私はなるべく他のコマに当たらないよう、床の隅に投げ込んで勝負に挑みました!

結果…平均的な点数で終了!

なかなか思い通りにはいきません。

 

ガチ勝負!加工トーナメント

今回のガチ勝負イベントです!加工時間はたっぷりあったので慌てずに準備することができました。

まずA~Hのブロックに別れて予選トーナメンが行われます。

予選は力勝負ありの2本先取制。ブロックで4連続勝たなければ、決勝トーナメントには挑めません。

私はHブロックでメンバーを確認してみると、大変お世話になっている赤羽ベーゴマクラブの会長さん。まじか。。。

1回戦は子供と対戦で力勝負で勝ち上がることができました。

2回戦は強面なお父さんと対戦になり、一対一でお互いに引けない戦いに。2本目は相手のコマが床に擦れたこともあり、これまた力勝負でなんとか勝ち上がれました。

3回戦目は小学生。細い手足をしならせて床に投げ入れる姿はただ者ではない!私はどう戦うか色々考えたあげく、出した結論は「ごちゃごちゃ考えずに楽しもう!」でした。緊張感があるなか、弾きと力勝ちで2連勝して4回戦に進むことができた。

そして、赤羽ベーゴマクラブ会長を2回戦で破り勝ちあげってきた浦安ベーゴマクラブのテラシマさん。

かなりの力べイに仕上げていました。

私が何か作戦を立てたところでどうにもならないのは分かっていたので、とりあえず思いっきりやるしかありません。

1本目は力勝負になり、加工技術が未熟な私は到底かなうわけがなく負けてしまった。

勝負してぶつかっていかなければ勝てないと思い、角を付けてベーゴマを走らせなければと考えました。

これが裏目に出て力んでしまった。

やってしまいました。

必殺床外しです。

私の加工トーナメントの戦いはここまで、悔しさが残る戦いでした。

決勝トーナメントはハイレベルで会場中大興奮でした。

私もいつか決勝トーナメントに残れるよう実力をつけていきたいです。

 

ベーゴマすくいが楽しみ!団体戦

楽しみにしていた団体戦!

なぜ楽しみかというと団体戦で勝った順位に応じておたまのサイズが異なるベーゴマすくいをすることができるのです。

最下位のチームはスプーン程度の大きさのおたまで1・2個しかすくえませんが、優勝のチームは大きなおたまを使って、1人20個以上のベーゴマをゲットすることができるのです。時価総額4000円以上です!こりゃたまらん。

参加者がランダムに5チームに分かれノーマルコマを使って5人同時入れで勝負します。

はっきり言って優勝できるかどうかはほとんど運!

私が最下位でも同じチームの方が頑張れば優勝もあり得ますし、その逆もまたあります。

結果、私のチームは4位、息子は3位でした。順位はそこそこでしたが、合計16個のベーゴマをゲットできました!

(もし2人とも一位だったらと思うと、色々とお金の計算をして妄想が膨らみます。)

 

この他にもミニイベントのタイムトライアルなどもありイベントだらけで楽しむことができました。

 

大会は終わってもこれからが本番?

大会が終わり、会場を出るとホンコをやっている方たちが。

あれだけベーゴマ尽くしだったにも関わらず、まだベーゴマがやり足らないと場外バトルを始めていました。

ホンコは別腹といった感じでじわじわと人が集まってきます。

私はホンコはあまり経験がないのですが、流れに乗って参戦。ホンコはその名の通り本気の真剣勝負!

負けたらベーゴマが取られてしまいます。その緊張感がたまりません。

息子はベーゴマを取られるのが嫌だという理由で見ているだけでしたが、次第に刺激され、挑戦してみることに。

私も息子も取ったり取られたりと繰り返しましたが、なんとか勝ち越すことができ、ベーゴマが増えました。

色々な加工やデコレーションが施してあるコマばかりです。

私のベーゴマケースに新しいコマが入っているのをみると不思議とウキウキしてきます。

 

まだまだこれからベーゴマを通して新しい発見がありそうです。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload