東京都内のベーゴマ活動を気ままにご紹介。

 

もっと見る

 

​東京ベーゴマ

東京都内で行われているベーゴマのイベントなどありましたらぜひご連絡ください。

参加させていただき、そのもようを「東京ベーゴマ」でご紹介させていただきます。

2018花やしきベーゴマタッグマッチ大会

2018/07/12

6月24日 浅草花やしきでベーゴマタッグマッチ大会が行われました。私たち親子は初めて参加したのですが、ベーゴマでタッグマッチ大会をしているのは他では聞いたことがありません。

参加者は40組80名!最多の参加者で年々盛り上がっている大会のようです。

 

勝敗

2人1組になり対戦相手と4人同時入れで勝負をします。予選はリキ勝負有りで、2本先取で勝ちになります。

つまり長く回るコマを作ることが予選を突破するためには必要です。

 

第一次予選

約8つのグループに分けられ、1グループ5チームで総当りのリーグ戦を行い、各グループの上位2チームが第ニ予選に進めます。私たち親子のチームは大健闘し、3勝1敗となり普通に考えれば勝ち上がり出来る成績でしたが、同じ成績の同率2位のチームがいたことで、追加試合を行うことに!

相手は先ほどの戦いで唯一1敗した沼袋ベーゴマクラブを代表するチーム。明らかに格上です!コマのリキ力で先程は負けました。勝負は一対一となんとか並び、3本目。

私と相手の1人は早々に弾き合い場外へ、息子のコマはリキで明らかに負けていました。しかし次の瞬間中央で回っていた息子のコマに相手のコマが当たると勢いよく相手のコマは場外へ!

相手のチームと硬い握手をした後、二次予選へ進出しました。

 

二次予選

ここでもグループ内で上位2チームが勝ち上がりになります。赤羽ベーゴマクラブでお世話になっているツワモノや、ほかのベーゴマクラブの知った顔の方々。気持ちだけでも負けそうです…そんな中、成績は3勝2敗と大健闘!...でしたがここでは同率2が私たちのチームを含めて3チームも!主催者側もここまでの展開を予想していなかったらしく、時間もないので一発3チーム同時入れで勝負をすることに!6人で一斉にコマを投げ入れて最後まで回っていたコマがあるチームが決勝トーナメントへ進めます。6人同時入れは全くもってなにが起こるかわかりません。息を呑み、ベーゴマを投げ入れた瞬間、コマが一斉に弾いて残っていたコマは私と息子のコマ、そして別チームの一つのコマ、合わせて3つでした。これは勝てると思った時でした。私と息子のコマが接触してお互いのコマが場外へ…

私たち親子の戦いもここまで。

 

決勝トーナメント

特設リングが組まれ、花やしき一座の演出の中、決勝トーナメントは行われ最高に盛り上がりました。あと少しでこの舞台に立てたかと思うと大変悔しいです。

二次予選で私たちを最後に負かしたチームを影ながら応援していたのですが、決勝トーナメント一回戦目で大会2連覇の最強王者チームと対戦し、場の空気と相手の圧倒的な存在感に押され、いいとこなく負けてしまいました。

最後の決勝には2連覇中の最強王者と昨年2位のチームが対戦し、熱戦をくりひろげ、最後には昨年2位のチームが王者を打ち破り優勝!

 

想いをつなぐ

大会後に一次予選で最後に対戦した沼袋ベーゴマクラブの方に言われたことが印象的でした。「2次予選の最後欲しかったね。応援してたんだよ!やっぱり自分たちを負かした相手だから勝ってもらいたいじゃない!いや〜あと少しだったよ!」

 

言われてみれば私も二次予選で最後に負かされた相手を決勝トーナメントで影ながら応援していました。ベーゴマのようなマイナーな競技でもベーゴマはただの遊びではなく、熱い想いが込められていることに改めて気がつかされました。負かされて悔しいからこそ、その相手を称え応援し想いをつなぎます。

 

 

 

浅草花やしきで開かれた今大会は他にも多くのイベントや出し物があり朝から夜まで楽しませていただきました。

また次回も参加して、今度こそ決勝トーナメントの舞台に立てるように頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload