東京都内のベーゴマ活動を気ままにご紹介。

 

もっと見る

 

​東京ベーゴマ

東京都内で行われているベーゴマのイベントなどありましたらぜひご連絡ください。

参加させていただき、そのもようを「東京ベーゴマ」でご紹介させていただきます。

300円でできる、ベーゴマ床の作り方

2018/11/18

一回り小さいベー床を格安で作る方法をご紹介します。

 

普通のベー床サイズは約直径40cm前後ですが、布サイズは台に固定するため約直径60cm以上の布が必要です。

私は布を購入するとき、まとめ買いするため、直径90cmのロールをメートル単位で購入します。

その際、直径90cmの布をカットしてべー床を作るため、どうしても端切れが生じます。

この端切れを工夫して使うことでコンパクトでシンプルな床を作ることができます。


意外にしっかりした床が完成します。

 

こちらは完成品です!

 

 

必要な道具

制作費、なんと300円!(100円ショップで材料を揃えた場合)

 

・布(防水帆布 直径30cm) ※1 端切れだから無料

・植木皿(直径30cm)※2  100円

・G-17ボンド 100円

・ビニールテープ 100円

・ハサミ

 

※1 布の端切れは当ブログの管理人が余ったのを持っていますので、お声がけいただければおゆずりすることも可能です

 

※2 直径30cmの植木皿は大型店のダイソーで取り扱っています。布より植木皿が大きいと床が作れないので、布をお店に持っていき植木皿のサイの確認をして購入してください。ダイソーに置いていない場合は、ホームセンターなどで購入できます

 

 

制作手順

 

1)100円ショップで売っている「G17ボンド」で、布と植木皿を接着していきます

 

2)植木皿のふち周りにボンドを載せます

 

3)ここでは、ボンドの量は少量で大丈夫です

 

4)布を下にして、植木皿をひっくり返し、ボンドを布に密着させます

 

5)すぐに植木皿を布からはがします

 

6)ボンドが付いた跡に、たっぷりボンドを載せる

 

7)たっぷりボンドを載せ終わったら、このまま10分ほど乾燥させる

 

8)植木皿をボンドからずれないように圧着して重しを載せて、1時間ほど乾燥させる

(ボンドがかなり臭うため、室内での作業は換気をしっかりしてください)

 

9)だいたい固まったら、布を上にして、手のひら布を押し付けて全体的に少しくぼませる

 

10)ハサミで余分な布をカットする

約5mmほど広めにカットします

 

11)布をカットした状態はこんな感じ

 

12)ビニールテープをていねいにふちに沿って貼り付けていきます。ビニールテープは引っ張ると伸びます。少し引き伸ばしながら密着して貼り付けるのがコツです

 

 

13)完成

床が低いので、20〜30cmくらいの台に載せて楽しんでください

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload